平成29年7月3日

保護者各位


                                 福岡県立中間高等学校長


荒天時における状況判断について

  時下、ますますご清祥のことと存じます。保護者の皆様には本校の教育活動に日頃からご支援
 ご協力をいただき感謝申し上げます。
  さて、台風、大雨、大雪等の荒天が予想される場合、登校についての状況判断を下記のとおり
 としますのでご確認のほどよろしくお願いいたします。




  【1】 朝6時の時点で居住地域に警報が出ていて、通学手段として利用している
     公共交通機関が途絶している場合は自宅待機する。

       自転車通学生徒も、上記に準じて判断をする。

   
  【2】 朝6時の時点で居住地域に警報が出ていて、通学手段として利用している
     公共交通機関が運行している場合は、安全を確保し登校することを原則とする。
      ただし安全確保が難しい場合はその旨を学校に連絡し、自宅待機する。

        自転車通学生徒も、できるだけ公共交通機関を利用する。


   【3】 朝11時の時点で居住地域に警報が出ていて、通学手段として利用している
     公共交通機関が途絶している場合は終日自宅待機する。

          朝11時までに警報が注意報に変わり、公共交通機関が運行を再開した場合
        は安全を確保し登校する。



   補 則
     地震等の緊急事態が発生した場合、安全を確保することを優先し安全を確保した
    後登校する。ただし安全確保が難しい場合は、その旨を学校に連絡し、自宅待機
    する。





 なお、中間高等学校ホームページに緊急連絡を掲載しますので、ご確認ください。











 ホーム